相羽みうさんの1日は24時間ではなく214時間に伸びてる!?価値を最大限に提供するための仕組み化とは?

こんばんは、森山一花です^^

先日の東京セミナーの続きです。

2部制だったのですが、1部はこちら。

受験・就職全てのみちを捨てて起業した19歳Webマーケターたいせーさんの11の行動ルール

続きまして、相羽みうさんのセミナーをレポートしていこうと思います。

今回のテーマは、「価値を最大限に提供するための仕組み化」

ところで、質問です。

森山一花
どうすればお金は稼げるのでしょうか?

答えはこちら。

お金を稼ぐ=相手にとって欲しい価値を提供すること

 

自分がお金を払うときのことを思い出していただきたいのですが
絶対に価値を感じているんです。

 

テレビやスマホを買うときは、情報を仕入れるための価値を感じるわけですし
食べ物を買うときも空腹を満たす価値を感じるわけです。

支払う額と同等もしくはそれ以上の価値を感じられると思うから
私たちはお金を支払って物やサービスを購入しているんですね。

これってオフラインでもオンラインでも同じです。

 

ポイントは“相手にとって欲しい価値”ということです。

例えば、英会話教室やりたいなって方がいらっしゃるとします。

でも英語が話せる人って英語が話せる人が周りに多かったりするので
日常会話くらいできたって誰にも価値は与えられないよ〜!
もっと難しい専門用語が使いこなせたり、ネイティブ並みの発音ができないとビジネスとして
成立しないわよって思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

でも全く英語が話せない人からしたら、
英語で日常会話ができる人って神様に見えますよね。

留学や海外旅行に行く前に、役立つ英会話なんて教えてもらえたら
お金を払ってでも教えてもらいたいって方いらっしゃると思います。

ターゲットが欲しい価値が提供できるのであれば
その道を極めるところまでいかなくても十分ビジネスになるということです。

 

こんな感じで、誰にどんな価値を与えるかってところが
大事になってくるんですね。

 

安室奈美恵さんが1年で稼いだ額は200億!!

与える価値が大きいほど、たくさんのお金が入ってきます。

つまりこんな公式が成り立つわけです。

価値=影響力×人数

影響力というのは、人生レベルで変わったということもあれば
ちょっと役立ったなあというものもあります。

どちらが影響力が大きいかというと、もちろん人生レベルで変わった方が影響力が大きいことになります。

人数というのは、以前ならば対面できる人にしか価値を与えることはできませんでした。
でも、今はインターネットがあるので、世界中の人を相手にできるようになったんですね。

 

わかりやすいビジネスは、Amazonです。

24時間オンラインで対応してくれて、どこにも出かけず
マニアックな本であってもだいたい翌日には家に届くんですよ。

近所の本屋さんより絶大な影響力を与えていて
かなりの人が利用していると思います。

 

また、最近の絶大な影響力といえば、安室奈美恵さんです。

つい先日、惜しまれながらも引退されましたね。
私も安室ちゃん大好きでした。

同世代でママになっても第一線を走り続け輝き続けている安室ちゃんを見ていると
私も頑張ろうって思えたからです。

そんな安室ちゃんが引退までの1年で稼いだ額が、なんと200億円!!!

 

私も少なからず影響を受けた1人ですが
安室ちゃんのおかげで仕事頑張れた!人生変わった!って人は、何百万人といらっしゃいます。

だからこそ200億円のお金が動くんですよね。

働いた時間でお金を得るという労働者の考えではなく、
価値を与えたことによってお金を稼ぐことができるという考え方を身につけることが大事になってきます。

 

あなたは誰にどんな価値を与えますか?
どんなことで喜んでもらった経験がありますか?

考えてみてくださいね^^

 

カルピスの原液になろう!!

ついつい気にしてしまうブログのアクセスやいいね!の数。

でもこれを気にする前にもっと大切なことがあります。

誰に対してどんな価値を与えるために勉強しているのかという明確な目標が必要です。

その目標が中途半端なまま、間違った知識や情報をインターネットで発信してしまうと
自分の価値を下げることになってしまいます。

だからこそ目標設定をした上で、質の高い学びや情報を得ることが大切です。
となると、無料の情報ではなく投資した方が優良な情報を得られる確率が圧倒的に高いんですね。

 

そして質の高い学びを得た後は、YouTubeやステップメールを使って自分の分身を作ります。
すると、レバレッジがかかって最小の労力と時間で、最大限の結果を生み出すことができるんですね。

 

相羽みうさんの1日は、8日と22時間

自分の分身を作るということをもう少しわかりやすくお伝えしていきたいと思います。

相羽みうさんのある日の動画再生時間は、1日で8日と22時間再生されていたそうです。
ということはどういうことかというと、相羽みうさんの1日が8日と22時間伸びてるということなんですね。

時間はどうやっても増やせないし、みんな平等に1日24時間と言われますが
自分の分身を作り出すことで、自分の時間を増やすことができるんです。

そしてその分身たちが勝手に価値を提供してくれているわけなんですね。

 

まとめ&感想

相手に求められている価値を提供する。

超シンプルなことですが、これだけで稼げるようになるんですよね。

でも、自分がこれって価値あることだなって思ってもズレていることが多いんです。
(わたくし、経験済み)

自分はそんなことないと思ったそこのあなた!危険ですよ〜
最初こそ自分の考えとお客様の考えはズレていると思った方が賢いです。

 

そのズレを修正するには、お客様の声を聞くことがベストです。

そして常にリサーチして分析する。

お客様は何を求めてる?何に悩んでる??

試行錯誤を続けるしかないんですね。
一発でお客様の心理を理解し、完璧な価値を提供することなんて不可能です。

立ち直れないほどの失敗でなければ、何度失敗したっていいんですよ〜

全てテストですから!
(と、割り切って私は最近テストしまくり中です)

失敗したってデータが取れたと思ったら、ダメージは少ないです。
ダメージ全くない!って言い切れるほど、まだ私はメンタルそんなに強くないんですけどね(笑)

でも成功者に言わせると、取り返しのつかない失敗をしなければ、失敗ではないんですよ。

 

ただ誰だってなるべく失敗はしたくないですよね。
失敗を最小限にするには、やっぱりリサーチ・分析だと思います。

小さなテストをしまくって、私を待っていてくれる人に届くその日までやりきってやろうじゃないですか。

長期目線で価値を与え続ける仕組みを作っていきましょーー!!

 

みうさん、ありがとうございました!!!

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結婚後バタバタの毎日に、子どもができたら
仕事・家事・育児全てこなせるのだろうか。

そんな不安を抱え始めました。

そして妊娠後、解雇通告とも思える言葉を経営者に伝えられ
私はインターネットを使った働き方を学び始めたんです。

森山一花の詳しいプロフィールを読んでみる


かけがえのない大切な家族と穏やかな時間を
最優先にできる働き方を知ることができ、想定外に毎日が充実してきています。


かつての私のように将来に漠然と不安を抱えている方へ
こんな生き方・考え方もあるということを知ってほしいし、一緒に前に進みたい!


そんな思いで、ビジネスの知識0の私でもできた!
実績を作り、小さな自信を手に入れる方法をプレゼントしています。

あなた自身を豊かにし、生き方を自由に選択できる。
そんなイキイキ輝く未来のきっかけになれば嬉しいです。

よろしければこちらからお受け取りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です