プロフィール

 

はじめまして。
森山一花(いちか)@ichika_58です。

数あるサイトの中から見つけてくださってありがとうございます!

こちらでは自己紹介とこのサイトでお伝えしたいことを書きました。
 
いちか
最後まで読んでもらえると嬉しいです!

 

自己紹介

私は夫と1歳の娘と3人で暮らす現在育休中の好奇心旺盛なアラフォー主婦です。

社会保険労務士事務所に10年以上勤務し、妊娠後にもらえるお金のサポートをして
実際に国からお金を受け取られたママさんは200人を超えます。

今までサポートした方が受け取られたお金の総額は、2億円以上となりました。

家事・育児の傍ら、ママやパパになる方へ安心と笑顔をお届けするべく
妊娠後に利用できる制度・もらえるお金の手続きを中心に情報をお伝えしています。

なぜならもらえるお金があるのに気付いていない人や
必要以上に働けない間の収入に不安を抱えている人を数多く見てきたからです。

 

まずは私の昔話からさせてください。

 

40億の女

私は短大を卒業後、業界第2位の証券会社に入社しました。
全国に支店があるいわゆる大企業です。

ところが元々人見知りで営業事務だと思って入社したのに、ガッツリ営業職だったんですね。

 

窓口での対応から始まったものの人の目を見て上手く話すことができず
接客する度に後ろで見ていた教育係の先輩に呼び出され叱られる毎日でした。

そんな私でも少しずつ経験を積み重ね、知識を身に付けることで
業務もこなれてお客様の目をしっかり見て対応できるようになってきました。

 

そして同期の中で一番に窓口から卒業し、営業に配属され
社会の荒波に揉まれながらも40億の資産を預かる担当者になっていったんです。

 

 

経営者やあらゆる属性の方とお話させてもらうこともあり、
毎日必死に勉強しながら業務をこなしました。

 

そんなあるとき、事件が起こります。

お客様にご提案した株が大損したんですね。

お客様も納得して購入されていらっしゃるものですし
状況を説明しても「自分が決めたことだから」と言ってくださいました。

 

証券会社に勤めている人なら、よくあることだと思います。

でも私はそれ以来営業することが怖くなってしまったんです。

 

とはいえ、毎日の仕事は待ってくれません。ノルマはやってきます。

「これそんなに儲かるのだろうか?」って疑問に思っていることがあっても売ることが仕事です。

 

なのに私は、お客様に損をさせる可能性が少しでもあると思ったら、怖くて提案できなくなってしまったのです。

営業職にとって致命的でした。

 

毎日2時間立ちっぱなしで上司からお説教。

信頼していた先輩の裏切り。

 

そんなことも重なって、私は5年半で退職することを決意したんです。

 

 

 

退職後は慌ただしい生活とは一変!
ぼーっと何もせずに実家で過ごしました。

半年もすると、このままじゃマズイな・・と思い始め、就職活動をスタートしました。

 

金融機関であれば引き手数多でした。
でも私は金融機関どころか人と関わる仕事がしたくありませんでした。

できる限り人と関わらない事務職に就きたいと考えていたんです。

 

ところが転職エージェントには、金融機関や営業職ばかり紹介されました。
金融・営業以外では私って市場価値のない人間なんだなと思い知らされたんですね。

 

無知過ぎたアラサー女でした

それでもなんとか私は某企業の総務に就職が決まりました。

なるべく人と関わりたくないと思って選んだ事務職だったのに
事務職でも人とこんなにも関わらないといけないんだなということを学びました。

以前のようなヤル気も起きず、ただ言われたことを淡々とこなす毎日でした。

 

そして事件が起こります。

「えっ!?そんなことも知らないんですかっ!!
大丈夫ですか!?!?」

ってアルバイトの学生さんに言われたんです。

忘れもしません、27歳のときです。

ある制度について指摘されたのですが、目が点になってしまったんですね。

営業をやっていた頃の知識は世間ではかなり偏った知識で
私は社会の常識を全く知らない無知な人間であることを思い知らされたんです。

 

「なんか私ヤバイらしい・・」

そんなことに気づかせてもらって、私はようやく目が覚めました。
分厚い本を購入して持ち歩き、ありとあらゆる場所で本を読み漁るようになっていったんです。

母には「筋トレしてるの?」って真顔で言われるほどの重量感あるカバンでした(苦笑)

そして人と関わることの楽しさも少しずつ思い出していったんです。

 

専門職へ転職。出産・育児系の担当へ

社会保険労務士事務所に転職しました。
より専門的なことを学び、人と関わりながら成長したいと思うようになっていたからです。

教科書と実務では全く勝手が違い、毎日勉強しながら業務をこなしました。
始発で出勤、終電で帰宅という時期もあります。

社会保険労務士事務所って言われても馴染みがない方も多いと思うのですが、
企業での採用から退職までのあらゆる制度の手続きや公的機関への提出代行。
企業で起こる人に関するトラブルのご相談などを請け負っていました。

いちか
ズバリ!おかたい仕事です

わかりやすい仕事だと、給料計算とか健康保険証の発行とかですね。
とにかく業務は幅広かったんです。

 

そしてそんな中で私は「出産・育児系の担当」に経営者から任命されたんですが
比較的女性が多い会社を担当させてもらいました。

仕事ではあらゆる手続きをやってきましたが、
出産関係の書類は

とにかく書類が多いし、ややこしーーーーー!!!

そしてようやく理解できたと思ったら、また制度が変わる・・(ちーん)

そんな感じでしたが、それでも担当を任されたからにはやるしかありません!
毎日突っ走ってました。

 

ある妊婦さんとの出会い

企業に訪問すると、経営者や総務の担当者とお話することがほとんどでしたが
たまに従業員の方に制度のご説明をさせていただく機会もありました。

忘れもしないのは、想定外に妊娠された女性とのやりとりです。

妊娠・出産で働けない間の収入にかなりの不安をお持ちでした。

「大切な命。だけど働けない間どうしよう・・・」

 

そこで私は妊娠後に受け取れるお金や制度のことを具体的にお伝えしました。

すると、大きな不安が解消したようで安心して涙を流して感謝されたんですね。

私が知っていることを伝えただけで、これほど感謝された経験なんて今までなかったので
もらい泣きしそうなくらい嬉しかったんです。

いちか
こちらこそありがとうやでーーー泣

 

社会保険労務士事務所に10年以上勤務し、20社以上担当してきました。

気がつけば妊娠後にもらえるお金のサポートをして
実際に国からお金を受け取られたママさんは200人を超えます。

そんな中で妊婦さんならではのトラブルやご家庭でのご事情にあわせて
公的機関とやりとりしながら、あらゆるパターンの手続きを経験してきました。

これだけ仕事でやってたらそりゃー知ってて当たり前の知識なのですが
でもこれって世の中の人全員が知ってて当たり前のことではないんだ!って
この妊婦さんとの出会いによって初めて気づいたんですね。

自分でも気付かないうちに、無知すぎたアラサーのあの頃と比べたら
随分とたくましく成長していたようです。

 

自分自身が妊娠・出産を経験して

そして実際に私自身も妊娠・出産し、国の制度のありがたみを知りました。

ここで突然発表します!!!!!

我が子が1歳になるまでに、私が国から受け取ったお金の総額は

約250万円です!!!

 

これ制度を知らない人にはかなりビックリされます。

早めに職場復帰したわけでもなく、家で我が子とコロコロしていても
きっちり手続きさえしていれば自動でお金が振り込まれるわけです。

 

妊娠がわかったときに、主人に制度の説明と国からもらえるお金の概算を
伝えたときの顔ったら・・・

 

こんな顔だったような(笑)
主人もそんな制度を知らなかったので、つぶらな瞳で私の話を熱心に聞いてくれました。
 
 
 
そんな感じで、妊娠後の制度をしっかり把握していたので
制度や手続きに対して悩むことや不安に感じることはなく
安心して出産に挑むことができました。
 
 
いちか
出産に関してはビビりまくってたんですけど(汗)

 

 
そして制度や国からもらえるお金のありがたみをしっかり感じながらも
手続きの煩雑さを感じることが多々ありました。
なぜかというと体がツラかったり、育児にてんてこ舞いのときに
手続きのタイミングがやってくるんです。
 
 
妊産婦には全然優しくない・・・
 
 
こんな状況の中、手続き書類を送ったりしてくださってたのねと
実際に自分が経験することで手続きの大変さも理解できたんですね。
 
 
 
そして驚いたことに、制度やお金のことって意外と教えてもらえないことを知りました。
マタニティ教室に行ったときも、正直全くといっていいほど情報がもらえません。
 
ネットで検索しても、出てくるのは教科書通りの難しいものばかり・・・
 
 
 
 
 
育児が落ち着いてきて色々勉強を始めながら自分と向き合っているときに、
私は妊婦さんのお役に立てるのでは・・と思い始めて、ひっそりとインターネットでご相談を募集しました。
 
すると始めて1ヶ月もしないうちからご相談をいただくようになったんです。
 
 
 

出産マネーアドバイザーの誕生

実際にご相談をお受けするようになって

「出産にあたって心配なことが山積みでしたが、安心しました!」
「親身に丁寧に相談に乗ってくださり、本当にありがとうございました!」
とお客様からありがたいお言葉をいただく度に泣きそうになりました。
 
 
 
証券会社を退職して転職活動に苦労したとき、私は無価値な人間だと思いました。

アルバイトの学生さんに「そんなことも知らないの!?」と言われて
私は無知で誰の役にも立てないちっぽけな人間だと思いました。

 
 
 
今までやってきたことは無駄ではなかった!
私を必要としてくださる方が世の中にいらっしゃるんだ!
 
 
いちか
やるぞーーーーー!!
 
と気合いを入れました。
 
そして【出産マネーアドバイザー】が誕生したわけです。
 
 
最近少しずつやりとりさせてもらうお客様が増えてきて
お役に立てたら「ムフフ」とほくそ笑んでいる今日この頃です。
 

 

少しでも不安を解消するお手伝いがしたい

妊娠したら、想像以上に身体の変化が起きたり
赤ちゃんを迎える準備で精一杯ですよね。

待ち望んでいた赤ちゃんなのに急に不安がやってきたりして
メンタルが不安定なこともありました。

そんな時期にですよ。

いくら大事なこととはいえ、
ややこしい制度やお金のことになかなか頭がまわらないだろうなと思います。

 

ただ知っていただきたいのです。
この国はこちらがお金を支払う必要があるときはガッツリ請求されます。

 
しかーし!!
こちらがもらえるお金があるときはだーれも教えてくれません。
 
 
なぜならそこは自己責任だからです。
 
いちか
世知辛い世の中(泣)
 
 
 
制度がバッチリ整っていて
今まで何人も従業員の方が産休を取得されているような企業にお勤めならば
担当者の方がきっちり教えてくださるかもしれません。
 
 
そうでなければどうなるでしょうか?
 
 
 
 
 
 
実際、私は企業の手続きに携わって、もらえるお金があるのに
受け取っていない方を数多く知っています。
 
その金額は100万円以上です。
 
関わるようになってからどれだけ頑張って遡って手続きをやっても、
申請期限を過ぎ去っていればお金は受け取れません。
 
 
 
これだけのお金があれば、
ゆとりができてもっとママの心に余裕が生まれたのではないか?
 
急いで職場復帰しなくても、
赤ちゃんとママとのかけがえのない時間がもう少し送れたのではないか?
 
 
 
時間が経過してなす術もない状況に出くわしたとき
なんともやりきれない思いになることが度々ありました。
 
 
 
知らない者が悪い!って言われるのかもしれません。
 
でもこの国の制度はあまりにも複雑でややこしい事実。
 
 
 
そこで!私が今まで培ってきた知識と経験を踏まえて
なるべくわかりやすくお伝えすることによって
これからママやパパになる方のお役に立ちたいと思っています。
 
 
今まで培った知識だけではなく、私自身が学び成長していきながら
情報をお届けしていきます。
 
 
とはいえ
「自分にはもらえる権利なんてないんじゃないか?」
 
そう思われている方もいらっしゃるかもしれません。
 
 
声を大にしてお伝えします。
もらえる権利は今この記事を読んでくださっている全員にあるんですよーー!!!
 
 
でも働き方や様々な条件によって、金額や使える制度が変わってくるってだけです。
後悔することがないよう制度を把握し、
少しでも不安を乗り除いて安心して出産していただけるお手伝いができれば嬉しいです。
 
 
 

サイトでお伝えしていきたいこと

 
このサイトでは、妊娠後の制度やお金のことをメインにお伝えしていきたいと思っています。
 
ただですよ。出産して、もらえるものもらったら
おーわりっ!ってお付き合いは寂しいじゃないですか。
 
 
せっかく私を見つけてくださった方との繋がりを大切にしていきたいのです。
 
 
このサイトでは、妊娠後の制度やお金のことを中心にして
リアルにアラフォーの私が子育てしながら得た知識や考え方も発信していきたいと思っています。
 

育児って想像以上に悩みが尽きないですよね。
でも手探りながらもみんななんとかやっていると思うのです。

しかもアラフォーともなると、若いピチピチのママさんとはちょっと違う悩みもあったりして・・
ちょっとした工夫も必要だと思うのです。
さまようママ・パパの少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

そして私自身は家族を大切にしながらも
子どもに出来る限りの可能性を届けられるような生き方を目標にしています。

感度を高めて子どもの成長スピード並みに私自身も貪欲に成長していきたいと思っています。
今の自分に出来ることをコツコツ積み上げて、楽しみながらも家族仲良く心穏やかに毎日生きていきたいです。

 
いちか
共感していただける方に読んでいただけたら嬉しいです
 
 
↓2倍速なら3分ほどでご視聴いただけます。
 

 

サイト登場人物(家族など)をご紹介

名 前 森山 一花(いちか)
年 齢 38歳
職 業 社会保険労務士事務所勤務(現在育児休業中)
趣 味 食べ歩き・カメラ撮影(一眼レフ愛用)・人間観察・夫へのイタズラ
特 技 人の良いところを見つけること、人の話をずっと聞いていられること
悩 み 何にもないところでつまずくこと(加齢??)

 

主人

名 前 いち夫
年 齢 37歳
職 業 工場勤務の会社員
性 格 マイペース・穏やか・平和主義
趣 味 家族のお世話・家事・育児
好きなもの スイーツ・車

 

名 前 ぴーちゃん
年 齢 1歳7ヶ月
性 格 マイペース(夫似)・食いしん坊(私似)
特 技 何でも片手で持ち上げる強い握力・激しいダンス
好きなもの 風船・車・アンパンマン

 

過去の私

名 前 はな
性 格 無知だけど好奇心旺盛。
よくやること 現実逃避のため暴飲暴食。自分へのご褒美。1人カフェ。
好きなこと 自分探し・食べ歩き
ブログでの役割 無知過ぎるので、わからないことはどんどんつっこんでいきます。

 

いちかの友人

名 前 サチ子
年 齢 36歳
職 業 営業事務
性 格 お気楽。面倒臭がり。
現在の状況 妊娠が発覚したばかり

 

 

森山一花(いちか)のその他メディアはこちら

YouTubeチャンネル

Twitter

Instagram