ひと手間かけて出産で5000円のお小遣いをGETする方法

こんばんは、森山一花です^^

私が知ってる制度に加えて、ちょっとお得な情報をお伝えしていきたいと思います。

出産って健康保険効かないし、高額ですよね。
でも国からお金が出るから想像よりも負担が少なくてホッとしたって方が多いかもしれません。

うちの夫も妊娠してから、あたふたと調べてました。

大丈夫!って言ってるのに何かと心配になったらしくて
でもちゃんと制度のことを説明して理解できたら、ホッとしたようでした。

 

今回は、OLさんでもご家族の扶養の方でも
自営業の方でも誰でも使える“出産育児一時金”を利用したお小遣いGETの方法をお伝えします。

 

出産育児一時金とは

健康保険が効かない出産費用による家計への負担を軽減する事を目的にした制度です。

出産費用って健康保険が効かないから多額の費用が必要なんです。

最低でも50万くらいかかるだろうか。。。
(自宅出産とかなら話は別ですけどね!)

それが面倒な手続きは一切不要で、国から42万円いただけるんですよo(〃^▽^〃)o

こりゃありがたい!

 

出産育児一時金の申請条件

ご自身が健康保険に加入していることが必須です。

または、健康保険に加入している方の扶養家族であることです。

妊娠4ヶ月(85日)以上で出産したときに支給されます。

早産、流産、死産、人工妊娠中絶のいずれについても支給対象です。

 

いくらもらえるの?

一児につき42万円支給され、多胎児(双子など)なら「子供の数×42万円」になります。

出産育児一時金はどの健康保険でも一律に42万円支給されますが、
産科医療補償制度に加入していない病院での出産は、40万4000円の支給になります。

健康保険組合の方は更に上乗せされるケースもあるので組合に確認してくださいね。

 

申請方法

出産育児一時金ズバリ42万円もらうための申請方法は、3種類あります。
1つずつお伝えしますね。

 

①直接支払制度

これが最も一般的です。

基本的なことを病院が全てやってくれるので、一番簡単楽チンです。

全国健康保険協会・健保組合が病院に出産育児一時金を直接支払ってくれるので
私たちは、かかった出産費用から42万円差し引いた分の金額だけを支払えばOKです。

 

<具体的な流れ>

①出産予定の病院で「直接支払制度」を導入している病院かどうかを確認しましょう。
(何も言わなくても時期がきたら、説明してくれると思いますが不安な場合は確認してみてください)

②もし導入している病院であれば、あとは病院の言われるがままに
直接支払制度の合意書を記入。

③全国健康保険協会・健保組合と病院でやりとりしてくれるので
こちらが出産費用を支払うときは、出産育児一時金(42万円)を差し引いた不足の金額のみを支払えばOKです。

多額の金額を引き出してこなくてもいいですし、いっときでも負担が少なくて済むので良いですよね〜

④出産費用が42万円よりも少なかった場合は
差額を振り込んでもらうように、全国健康保険協会・健保組合に申請して
自分の口座に振り込んでもらいましょう。

 

OLさんやご家族の扶養になっている方は、会社に連絡して申請書をいただきましょう。
国民健康保険の方は、市役所でいただいてください。
もしくは各HPからダウンロード。

申請書を記入し、病院で証明をもらって各機関へ自分で郵送・持参するか
会社を経由して郵送してもらってください。

 

②受取代理制度

直接支払制度を導入していない病院は、自らが手続きすることによって
各機関から病院に出産育児一時金が支払われるようになります。

病院に直接一時金が支払われるのは、直接支払制度と同じなのですが
申請の方法が違うだけです。

 

<具体的な流れ>

①出産予定の病院で「直接支払制度」を導入しているか確認し、導入していない!と言われたら
「受取代理制度」を導入している病院か確認してください。

導入していると言われたら・・

「受取代理制度の申請書」を会社・健保組合・けんぽ協会のHPか、国保の方は市役所でもらって記入します。

②申請書を病院に提出。

病院で必要箇所を記入してもらいます。

③出産2ヶ月くらい前に、病院で記入してもらった申請書を
健保組合・けんぽ協会もしくは市役所へ郵送します。

この申請時期は、申請する機関によってバラバラなので
確認してもらった方がいいです。

④あとは各機関と病院でやりとりしてくれるので、こちらが出産費用を支払うときは
出産育児一時金を差し引いた不足の金額のみを支払えばOKです。

⑤出産費用が42万円よりも少なかった場合、直接支払い制度なら
差額の支給申請をしないと自分の口座に振り込んでもらえませんでしたが、
こちらの場合は何もしなくても差額を振り込んでもらえます。

だから何もしなくてOKです。

 

 

文章にすると、ちょっとややこしいですよね。

一般的な病院であれば、ほとんど①の直接支払い制度が利用できるので
①と思ってもらった方がいいと思います。

では最後にひと手間かかりますが、お小遣いがもらえる可能性がある方法をお伝えしますね。

 

③産後申請方式

いったん出産費用を全額支払います。
その後申請して、出産育児一時金を指定した口座に全額支払ってもらう方法です。

①②の方が楽チンじゃない?って思われますよね。

でもあえてこの方法を選ばれる方がいます。

 

どういうお得があるかといいますと、いったん出産費用を全額クレジットカードで支払うことにより
クレジットカードのポイントをGETするという作戦なのです。

遅くとも申請して2ヶ月後には現金が自分の口座に振り込まれるので
余裕があったら、この方法を使ってみてください。

ただし、事前に確認しておくポイントがあります。

 

  • 出産予定の病院でクレジットカードが使えるか?
  • クレジットカードの限度額は問題ないか?(必要に応じて限度額を引き上げ)
  • クレジットカード引き落としの口座の残高チェック
  • 病院の証明の料金を確認

 

出産育児一時金には、病院又は市町村の証明が必要です。そしてその証明に料金がとられることがあります。

その料金がクレジットカードで得られるポイントよりも高かったら、損ですよね・・(汗)
必ず確認しておいてくださいね。

いずれをチェックしても問題なければ実行してみてください。
どこかに引っかかったら①②の制度を使われた方がいいと思います。

 

<具体的な流れ>

①出産育児一時金の申請書を取り寄せます。
(会社 or HP or 市町村) 

②病院からもらう「出産育児一時金直接支払い制度合意書」には、不活用にチェックを入れて提出します。

③出産

④「出産育児一時金申請書」を病院へ提出

⑤出産費用を窓口で全額クレジットカードで支払い

⑥申請書が病院から返ってきたら会社 or 各機関へ提出します。

振込みがいつ頃になるか確認したい場合は、各機関へ電話で問い合わせてみてくださいね。

 

大きな金額なので、事前に病院などへ確認しながら行ってください。

直接支払い制度が使えるのにあえて使わないっていう人は少数派なので
病院によっては、なかなか理解してもらえないところもあるかもしれません。

面倒になってしまった場合は、ちゃっちゃと①②の制度の利用をオススメします。

 

最後に

この方法を知ったとき思い出したことがあるんですけど
会社で飲み会があったときに、自分のクレジットカードで清算して
それぞれの分は現金で回収していた人がいたんですね。

きっちりポイントGETされてたんだなあって思い出しました(笑)

そういえば奥さんがなかなか厳しい方で、お小遣いを上げてもらえないって嘆いておられましたね。。

 

ポイントってバカにできないんですよ。
50万円のお買物ってなかなかしないと思うんですね。

100円につき、1ポイントもらえるクレジットカードとかなら
50万円の出産費用を支払っただけで、5000ポイントもらえるわけですよ。

出産したら、何かとお金が必要なことが増えてくるので
このポイントはありがたいわけです。

できそう!って思われた方は
お小遣いGETチャレンジしてみてくださいね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

私はブログとメルマガを使ってインターネット上に
自分の代わりに働いてくれる仕組みを作っています。


森山一花の詳しいプロフィールを読んでみる


かけがえのない大切な家族と穏やかな時間を
最優先にできる働き方を知ることができ、想定外に毎日が充実してきています。


かつての私のように育児中の働き方に不安を抱えている方へ
こんな生き方もあるということを知ってほしいし、一緒に前に進みたい!


そんな思いで、ビジネスの知識0の私でもできた!
実績を作り、小さな自信を手に入れる方法をプレゼントしています。

あなた自身を豊かにし、生き方を自由に選択できる。
そんなイキイキ輝く未来のきっかけになれば嬉しいです。

よろしければこちらからお受け取りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です