産休・育休中のお得な制度「社会保険料の免除って??」

妊娠後にもらえるお金で損をしたくない
少しでもお得なことを知りたい
子どもと心穏やかに過ごしたい
という方はこちら!!
↓↓↓
友だち追加

どうも!
出産マネーアドバイザーのいちかです。

今回は、産休・育休中のお得な制度「社会保険料の免除」についてお伝えします。

 

産休・育休期間は会社を休んでいるにも関わらず
お金がもらえるというありがたい制度がありますが、まだお得な制度があるんです。

ついついもらえるお金に目がいきがちですが、年間20万円以上支払っているものを支払わなくてもいい!っていうのもかなりありがたいんですよ!!

では詳しくご説明していきますね。

 

産休・育休中の社会保険料の免除とは?

本来社会保険料というものは、毎月納めないといけないものなんですね。
勝手にお給料から引かれますしね!

でも産休・育休中だけは免除してあげよう!という制度なのです。

 

 

具体的にいつからいつまで免除になるかというと、産休から続けて育休も取得される場合は
「産休開始月から育休終了日の翌日の属する月の前月まで」となります。
(育休終了日が月末の場合は育休終了月まで)

ややこしい表現ですよね。

 

具体例を出してお伝えします。

<例>
2019年6月1日〜産休開始。
引き続き育休を取得して2020年4月16日に職場復帰するとします。

 

この場合どうなるのかというと、産休開始月は2019年6月ですよね。
わかりづらいのが、「育休終了日の翌日の属する月の前月まで」だと思うのですが
今回の場合だと育休終了日は2020年4月15日でその翌日は16日。

2020年4月16日の属する月とは、2020年4月なので
その前月の2020年3月分までが免除となります。

ですので今回の場合だと、2019年6月分〜2020年3月分までの社会保険料が免除になるというわけです。

 

「産休開始月から職場復帰日の属する月の前月まで」
って表現の方が伝わりやすいですかね。

いちか
それでもわかりづらいって自覚してますが、これ以上適切な表現が見つからない(汗)

 

免除になる社会保険料ってなに?

社会保険料が免除になるっていうけど、具体的に何が免除になるのかお伝えします。
あなたの給料明細をご確認ください。

控除欄で毎月結構な額が引かれてますよね。
その中でとびきり高い健康保険料と厚生年金保険料があると思います。

それです!!!

産休・育休期間は健康保険料と厚生年金保険料が免除になるんです。

↑仮の給料明細を作ってみましたが、やっぱり高いですよねえ。
(もちろんこの保険料って人によって違います)

 

病気や怪我で出勤できず、お給料が0ということもあると思います。
それでもこの社会保険料は容赦なく引かれますし納めないといけません。

でも産休・育休期間だけは納めなくてもいいんですよ。

産休・育休期間はもらえるお金があるとはいえ、それでもフルタイムで働いている時と比べたら収入額は下がります。その状況で毎月の保険料を負担するとなると結構厳しいですから、こういう制度はかなりありがたいですよね。

 

社会保険料の免除についてよく聞かれるご質問

社会保険料の免除についてご説明していると、こんなことをよく聞かれます。

産休・育休中に免除された保険料は、あとで納付しないと将来の年金は減額されてしまうんですか?

 

答:納付しなくても支払ったものとして年金額は計算されます。だから支払う必要はありません。

 

ちなみに社会保険料を免除されているからといって、医療費を多く負担しないといけないとかそんなこともありません。

ただ社会保険料を免除されるだけで今まで通り!
ただただお得な制度なんです。

ご注意いただきたいこと

お得な制度ではありますが、ご注意いただきたいことは必ず手続きをする必要があるということです。
自動で免除にはならないんですね。

各機関がそれぞれ独立しているので、「私はいつからいつまで育休中だよ。だから社会保険料免除してね。」ってちゃんと伝える必要があるんです。

そしてこちらは原則は会社がすべき手続きなので、してもらえるはずです。

でもご相談を受けていると、会社から丸投げされている方もいらっしゃいますので
そのような場合は忘れずに必ず手続きをしていただきたいと思います。

 

まとめ

ほとんどの会社がやってくれるこちらの手続きですが、この制度を知らずに会社も手続きをしてくれなかったとしたら、産休・育休中であろうが毎月保険料を負担し続けることになります。

負担額は1年間で20万円を超えてくる人がほとんどだと思いますが、誰も教えてくれないんですよ(泣)

だから絶対に手続きして欲しいです!

あとこちらは男性が育児休業を取得した場合も社会保険料は免除になりますので、制度を上手に活用していただきたいと思います。

 

それでは最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

5分で動画で解説してます

妊娠後の手続き入門テキスト作りました

私は元々社会の制度を何も知らない無知過ぎるOLでしたが
社会保険労務士事務所に10年以上勤務し

気がつけば妊娠後にもらえるお金のサポートをして
実際に国からお金を受け取られたママさんは200人を超え、支援した額は2億円を超えていました。


そして私はある妊婦さんとの出会いをきっかけに
妊娠後の制度に関する発信をしていくことを決めたんです。


これからママやパパになる方の笑顔と安心のために・・・私の発信のきっかけと自己紹介


妊娠・出産って未知との遭遇です。
どうやっても不安はぬぐいきれません。

でも知るだけで安心が得られることもあると思っています。
その1つが妊娠後の制度や手続きのことです。


これからママやパパになる方の不安を解消し
少しでも安心して出産していただきたいという気持ちを込めて
妊娠後の手続き入門テキストを作りました。


LINEでお友達になってくださった方限定でお渡ししています。


実際に妊婦さんにどんな資料が欲しいか
アンケートをとってまとめたものですので
ご好評をいただいているものです。


きっとお役に立てる内容になっていると思いますので
よろしければこちらからお受け取りください。

妊娠後の手続き入門テキストを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です