35歳が転職の限界ってほんと? 〜楽々転職できるスキルをお伝えします〜

こんばんは、森山一花です^^

35歳転職限界説って聞かれたことありますか?

私はどこかで耳にしたことがあったようです。

 

それで30代前半のときに、転職するかけっこう悩んだんですね。

給料が上がらない会社は今すぐ転職すべきか?

でも私は転職せずに今できることを精一杯頑張って
退職するときは泣いて止められるくらいの存在になってやろうと思い
相当悩んで、とどまる決意をしました。

 

今、色々ビジネスのことを学んでいて
こんな知識を当時持っていたら、悩まずに済んだのになあと思うことがあったので
記事にしていこうと思います。

 

35歳転職限界説

当時はボンヤリとしかわかっていませんでしたが
まずはその転職限界説って一体なんなのか掘り下げていこうと思います。

 

未経験から新しい業界への転職

未経験で新しい業界や職種への挑戦は、35歳限界説が
かなり真実に近いようです。

私が仕入れた情報だと、もう少し厳しくて
大企業は30歳、中小企業は35歳が未経験の転職限界といわれています。

というのも未経験採用は
第二新卒(新卒1〜3年目)や2〜3年社会人経験があり
基本的なビジネススキルを身につけた20代をターゲットにしているんですね。

中小企業は、どうしても大企業に人をとられてしまうので
その分もう少し幅があるって感じです。

 

30代で求められるもの

歳を重ねてくると、求められるものはやはり経験ですよね。

最低限のビジネススキルは身につけていて当然。
それ以上に求められるのは、知識・技術・実務経験でしょうか。

さらに期待されるのは、新人育成またはチームやグループの
マネジメント経験などがあるとより良い条件で採用される可能性が高そうです。

 

30代の転職が難しい理由

未経験での採用チャンスが絞られ
経験があっても求められるスキルが高くなるから
「35歳転職限界説」ってものが、まことしやかに存在するんだなって理解できました。

 

ただいろいろ調べてわかったことは
35歳転職限界説は、一般的な目安に過ぎないってことです。

今は求人がかなり増えています。

離職率が高い業界や常に人手が不足している業界は
年齢問わず人を求めています。

拘りさえなければ、35歳過ぎても転職は十分可能だと思います。

 

35歳を超えても楽々転職できる方法

とはいえ、慢性的に人が不足している業界って
だいたい体力勝負の仕事だと思います。

その仕事が大好きならいいのですが
そうでなければ、けっこうキツくないですか?

しかも35歳超えてきたら、体力も年々落ちてきますし
でもそこそこのお給料が必要になりますよね。

 

先日私は年収億越えの若手実業家の方にお会いして
お話をおうかがいする貴重な機会があったのですが、そのときに教えていただきました。

ネットビジネスを個人でやっている人は
どこの業界でも引き手数多で転職できると。

年収500〜600万はいけるんじゃないかと言われてました!驚

 

ネットビジネスって簡単にお伝えすると
インターネット上でモノを売るお仕事なんです。

そして、マーケティング・集客・企画・営業など
会社であらゆる部署がやっていることをたった1人で行っているんですね。

インターネットの世界はこれからまだまだ伸び代がありますし
どこの業界でも欲しい存在ですよね。

ってことで、全ての方に副業をオススメしたい気持ちが山盛りの森山です^^

 

もし転職するか悩んだあのときに戻ったら(森山の場合)

転職という選択肢は速攻消えます。

なぜなら、転職したって今より給料が上がって
良い環境になる保証なんてどこにもないからです。

求人には条件は書いてあっても、
実際に会社に入ってみないとわからないことっていっぱいあるじゃないですか。

ブラック企業かもしれませんし、社内にイジメがあるかもしれません。
強烈な上司やお局さんがいらっしゃるかもしれません。
(かなりネガティブなことばかりですが・・・苦笑)

 

あのときに副業の存在を知っていたら
さっさと仕事を終わらせて定時に帰り、家で延々と副業にのめり込んでいたと思われます。

なぜなら副業をすることでこんなメリットがあるからです。

 

  • 副業をするために早く帰りたいから、本業の仕事を今までよりずっと効率よく終わらせることができる。
  • どこの業界にも通じるスキルを学びながら稼ぐことができる。
  • 副業の稼ぎがあるから、本業でストレスがあっても「まあいつでも辞められるしいいか!」と軽く流せる
  • 単純に収入が増えて余裕ができる

 

寝る時間も休みもないって会社なら転職や退職を考えたでしょうが、
私の場合はそこまでブラックではありませんでした。

だったら慣れた仕事で毎月一定のお給料をいただきながら、第二の収入源を増やしていこう!って感じですね。

 

かつての私のようにいずれは転職したいけど
結婚・妊娠のことを考えたら、今は転職に踏み切れない!って方もいらっしゃると思います。

 

そういう方こそ副業はオススメです。

  • 妊娠・出産して働けない間の収入は、国からもらえるお金をあてにしていたのに、会社に辞めるように迫られた場合。
  • 出産してすぐに職場復帰しようと思っていたけど、想像以上に子どもが可愛くて職場復帰したくなくなった場合。
  • 出産して職場復帰してみたけど、仕事と育児の両立がかなりキツかった場合。

 

などなど、どんなパターンでも対応できるからです。

 

未来のために時間もお金も使っていきましょう!

 

まとめ

一般的な35歳転職限界説は存在します。

そりゃおばさんが入社するよりも
若いお姉さんに入社してほしいですもんね!笑

歳を重ねてくると、変に経験値がある分
素直に言われること聞けない部分も出てくると思います。

前の勤務先ではこんなやり方じゃなかった!とか・・・
(40歳オーバーで入社された方に色々言われたことあります(汗))

歳を重ねてくると、変化に柔軟に対応できなくなり
今までの自分のやり方に固執しがちになります。
(自戒を込めて・・・)

 

そういう意味でも同じくらいのスキルだったら
絶対に若い方を採用します。
一度入社して教育したからには、長く勤めて欲しいですしね。
(教育には時間もコストもかかってます)

しかし、どこの業界でも欲しいスキルや経験があれば
年齢なんて関係ありません。

歳を重ねても引き手数多の存在になりたければ
1つ1つ学んで実践して経験を積んでいくしかないってことです。

未来に繋がる行動してますか?

 

ここで林真理子さんの言葉。

したことの後悔は、日に日に小さくすることが出来る。
していないことの後悔は、日に日に大きくなる。

 

この言葉が刺さった方は、きっとやってみたいことがあるけど
できてない・やってないって方だと思います。

後悔が大きくならないうちに、一歩踏み出してみましょ♪

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結婚後バタバタの毎日に、子どもができたら
仕事・家事・育児全てこなせるのだろうか。

そんな不安を抱え始めました。

そして妊娠後、解雇通告とも思える言葉を経営者に伝えられ
私はインターネットを使った働き方を学び始めたんです。

森山一花の詳しいプロフィールを読んでみる


かけがえのない大切な家族と穏やかな時間を
最優先にできる働き方を知ることができ、想定外に毎日が充実してきています。


かつての私のように将来に漠然と不安を抱えている方へ
こんな生き方・考え方もあるということを知ってほしいし、一緒に前に進みたい!


そんな思いで、ビジネスの知識0の私でもできた!
実績を作り、小さな自信を手に入れる方法をプレゼントしています。

あなた自身を豊かにし、生き方を自由に選択できる。
そんなイキイキ輝く未来のきっかけになれば嬉しいです。

よろしければこちらからお受け取りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です