コンプレックスを味方につけたら最強!その具体例をお伝えします!

こんばんは、森山一花です^^

 

最近何かと話題の前沢友作社長ってご存知ですか?

ファッションのネット通販サイト「ZOZOTOWN」を
運営するスタートトゥデイの社長さんです。

 

その前沢社長が、先日記者会見をされて
ZOZOSUITというものを発表されたんですね。

ZOZOSUITとは・・・

ドット柄の全身タイツのようなもので、そのZOZOSUITを着て
アプリに従って撮影すると、ZOZOSUIT全体に施されたドットマーカーを
スマホのカメラで360度撮影することで体型サイズを瞬時に計測できる
新しい技術を搭載した計測スーツのことです。

で、このZOZOSUITで計測することで、試着せずとも
体型にピッタリのお洋服が家にいながら購入できるってことなんです。

すごい技術ですよね!

 

アイデアはコンプレックスから生まれた

この素晴らしいアイデアは前沢社長のコンプレックスから
生まれたそうなんです。

「僕は背が小さく、足も短い。

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)にある約65万アイテムから探しても、
自分の体に合う商品がなかなか見つからない。それがコンプレックスで悩んできた」

 

それで、自身の体験から
「一人ひとりに合った洋服があればいいじゃないか。
既製のS・M・Lサイズに体を合わせる時代から、服を人に合わせていこう」と考えたそうなんです。

それでZOZOSUITの開発に至るそうですよ。

 

私も同じことで悩んだことがありました。

ぽっちゃり体型の私は、試着がかなり苦手でした。
でもお買い物の失敗はしたくない。

 

だからなるべく試着してたんですが、

店員さんに
「いかがですか〜??」って聞かれても

「あっ大丈夫でーす」
ってどっちつかずの返事をする。

 

店によっては、試着室から出てくるように促される。

いやいやピチピチだから
試着室から出られんよ!って時も正直ありました(苦笑)

 

こういうやりとりが面倒で試着せずに
購入して失敗するってこと何度も経験してます。

だから今でも洋服を買うことは苦手です。

 

こういう人の気持ちは、同じコンプレックスを抱えている人でないと
理解できないんですよね。

スタイル抜群で、どのお店に行っても何を着ても似合う人なら
試着で恥ずかしい気持ちになるなんてわかりっこないです!(強調 笑)

 

コンプレックスは力になる!

最近思うことは、コンプレックスはあってよかったかもってことです。

先ほどの事例のように、もし自分が完璧な人間だったら
コンプレックスを抱えた人の気持ちは理解できません。

コンプレックスが理解できれば、その人の気持ちを理解し
寄り添い、解決に導くことができるかもしれません。

 

コンプレックスのおかげでがんばれた

更に私は、コンプレックスがあったおかげで
何かと人よりたくましくなれた気がしています。

 

新卒で入社した金融機関の同じ支店の同期は、私含めて3人。

私以外の2人は絶世の美女でした。。

 

何で私だったんだろう?

不思議過ぎて面接されていた方にコッソリ聞きに行きました。

 

「支店長の趣味よ!でも大丈夫!!
実力で受かったのはあなただけよ。」

喜んでいいのかわかりませんでした。。。苦笑

 

しかしここで自分の立場を把握したつもりです。

支店長にお気に入りの美人同期たちは
ニコニコしているだけでOKですが、私は違います。

ちゃんと自分の役割を全うした上で
仕事も必死にやらねばなりません。

 

会社の飲み会では必死に盛り上げ、美人同期は支店長の横でお酌をする。

社員旅行の新人芸では
美人同期はセクシーなチャイナ服とミニのメイド服でしたが、

私は、同期のおじいちゃんの肌着と
ハゲヅラをつけて場を盛り上げました(笑)

 

おかげで?先輩たちには可愛がってもらいました。

上司にもお前はちゃんと自分の役割をわかっているなと
お褒めの言葉をいただきました。

 

そして努力を積み重ね、私は同期の誰よりも早く窓口を卒業し
営業課の一員となったんです。

 

 

また、ニコニコしていたらそれだけでOKな人間と
泥臭く努力を積み重ねる人間は、年を重ねていくと雲泥の差が出ます。

しかもニコニコだけで許してもらえるのは、若いうちだけですからね。

 

もし私が絶世の美女だったら
多分、今ほど努力しなかったと思います。
(美女でもストイックな方は大勢おられますが・・)

 

私は、何もなければ恐らく努力しない子なので
頑張れるように神様がコンプレックスという名の
プレゼントを与えてくださったのだと思うようになりました(笑)

ちょっと早めに修行期間が訪れてくれたおかげで
他の人よりいろんな経験ができたと思えば、コンプレックスにも感謝できます。

 

以前の私なら、コンプレックスなんて
敵でしかないと思ってましが、

コンプレックスを生かすも殺すも自分次第。

 

コンプレックスを味方にできる人が最強だと思ってます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

結婚後バタバタの毎日に、子どもができたら
仕事・家事・育児全てこなせるのだろうか。

そんな不安を抱え始めました。

そして妊娠後、解雇通告とも思える言葉を経営者に伝えられ
私はインターネットを使った働き方を学び始めたんです。

森山一花の詳しいプロフィールを読んでみる


かけがえのない大切な家族と穏やかな時間を
最優先にできる働き方を知ることができ、想定外に毎日が充実してきています。


かつての私のように将来に漠然と不安を抱えている方へ
こんな生き方・考え方もあるということを知ってほしいし、一緒に前に進みたい!


そんな思いで、ビジネスの知識0の私でもできた!
実績を作り、小さな自信を手に入れる方法をプレゼントしています。

あなた自身を豊かにし、生き方を自由に選択できる。
そんなイキイキ輝く未来のきっかけになれば嬉しいです。

よろしければこちらからお受け取りください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です