頑張り過ぎるママさんへオススメの本「しない家事」

妊娠後にもらえるお金で損をしたくない
少しでもお得なことを知りたい
子どもと心穏やかに過ごしたい
という方はこちら!!
↓↓↓
友だち追加

こんにちは、森山一花(いちか)@ichika_58です^^

少し前に「ミニマリスト」という言葉が
流行りましたよね。

ついつい物を溜め込んでしまう私は
どうすればそんな暮らしができるのだろう?と
新婚当初調べていたことがあります。

そのとき、たどり着いたのがマキさんのブログでした。

「ミニマリスト」とは、余計な物を一切持たずに
必要最低限の物だけで暮らす人のこと。

まきさんが提唱する「シンプルライフ」とは
本当にお気に入りの物だけに囲まれた暮らしをしている人。

私が目指すは、マキさんの暮らしだなと思ったんです。

出産し、育児に奮闘中。
家は子どもが荒らし放題。

シンプルライフとは無縁の今、改めて参考になることがないか読んでみました。

 

こんな方にオススメ

  • 新婚さん
  • ワーキングマザーで毎日バタバタの方
  • 子育てに悩んでいる方
  • 頑張り屋さん
  • 人と比べて凹んでしまう方
  • 豊かに生きたい方

 

当たり前に縛られない

一人暮らし経験もなく、ぬくぬくと実家で暮らしてきた私は
家事の経験もろくになく

新婚当初は、家事と仕事の両立でヘトヘトになりました。

夫も協力してくれるのですが
それでも2人でグッタリ。

 

毎日朝から晩まで仕事していたということもありますが
やらなくていいことも頑張り過ぎていた気がします。

頻繁に外食をしていたこともあるのですが
妙な罪悪感。

夫婦2人が納得していたらいいことなのに
私は妻失格なのでは・・?と思ってしまったことがあるんですね。

 

「できる主婦」のイメージを自分で作り上げていたんです。

  • 毎日手作りのおかずが5品以上食卓に並ぶ
  • 旦那様が帰ってきたら、すぐに温かい食事が食べられる準備が整っている
  • 誰がいつ来てもいいように、整理整頓された家
  • 仕事も家事もそつなくこなし、いつも笑顔で穏やかな妻

 

マキさんもかつては、「できる主婦」になりたくて
試行錯誤されていたそうですが、他人の目を気にせず
自分の「ものさし」を持つことでラクになったとおっしゃられています。

 

みんな平等に与えられている1日24時間という枠の中で
いかに抜いていくか・・ということを実践され

残った必要最低限の家事をやらなくちゃいけないものから
どうやったら楽しんでできるか?という目線で工夫をすることで
魅力的な毎日になっていくと教えてくれています。

 

今は「できるママ」のイメージを自分で作り上げて
〜しなくちゃならないって考えてしまっていることがありましたが
おかげで立ち止まることができました。

肩の力が抜け、もっと気楽にやればいいんだなと思えました。

 

ルーティン化する

考えたり迷ったりする時間ってさほど気にならないかもしれませんが
けっこうな時間を使っていますし
脳を疲れさせていると聞いたことがあります。

スティーブ・ジョブズ氏やあらゆる成功者が
毎日同じ服を着ているのは有名な話ですが、実践しようと思っても
女性は少々気がひけるのではないでしょうか。

 

マキさんが実践されているのは
洋服をパターン化してしまうということ。

オシャレが大好き!という方は
洋服を選ぶ時間もワクワクすると思うのですが
そうでない方はこの方法かなりオススメです。

私も会社員時代実践していて
かなり楽チンになりました。

育休中なんてもっと楽チンです。

 

そして、献立もパターン化してしまうということ。

今日はこれが食べたい!ってなった時や
イレギュラーなイベントの時は違いますが

これもかなりの時間短縮となり、夫も文句を言いません。

そして夫も今日が何のメニューかわかっているので
作ってくれています。
(↑これ最高です 笑)

ちなみに我が家の朝食は
納豆→卵料理→納豆→卵料理・・・って感じです(エヘヘ)

 

朝起きたら顔を洗うことに悩み考えることはないと思うのですが
その顔を洗うような感覚で、全ての家事がルーティン化されると
考えたり悩んだりすることもないので、時間通りに事が進みます。

これほどストレスのないことはありません。

 

ただし、子どもが小さい間はなかなか思い通りにならないこともあります。

その時のために、家事はなるべく細かく分けて少しずつ片付け
尚且つルーティン化し、他のことも組み込んで同時進行できるやり方を教えてくれています。

洗濯機をまわしている間に、子どもの髪を乾かすとか・・・

限られた時間をいかに有効的に使うか
このやり方が今もかなり参考になってます。

 

どんなことでも応用できるのですが
大きな仕事をこなさないといけなくなったら、まずできる限り細分化。

あとはそれを1つずつこなしていくだけです。

 

OLの仕事で例えると、例えば1000人分の給料計算をしないといけないとしたら
何から手をつけていいのやら・・って感じでうろたえてしまいますが、細かく仕事を分けます。

  • タイムカードを集める
  • タイムカードのデータを集計
  • 給料計算ソフトに取り込む
  • イレギュラーな人を確認
  • 保険料チェック
  • 明細印刷
  • 明細配布

 

こんな感じにすると、とっかかりやすくなりませんか?

できるだけ細かく分けてハードルを低くすることがポイントなんです。

 

まわりを自分都合で上手に動かす

家族で暮らすと賑やかで楽しい反面、
どこかで誰かに合わせないといけないことってあると思います。

それを毎度毎度ママが合わせていたら
ストレスが溜まってしまいます。

 

だから家事の時間も全てルーティン化することで
家族が自分に合わせてくれるように仕向けているとのこと。

毎日同じタイムスケジュールで過ごしていると
それが習慣化され、自然と家族がその時間に合わせて動いてくれるようになるそうです。

子どもにママにも都合があることを
わかってもらうためです。

 

誰かが我慢するのではなく
みんながHAPPYになれる仕組み作りをママが仕掛けるって
素敵だなって思います。

 

豊かな生き方を教えてくれる本

読めば読むほど思うこと。

これはわかりやすく家事に例えて説明してくれるビジネス本であり
自己啓発本だなと思うのです。

 

家事を楽にするヒントなどを過度に期待して購入してしまうと
もしかしたらガッカリされるかもしれません。

毎日のバタバタの家事の中で
心に余裕を持たせるヒントを教えてくれる本と思われた方がいいと思います。

より具体的な方法を知りたけば
こちらの本がオススメです。

 

 

マキさんが目指す丁寧な暮らしをするために何を優先させるのか、
人と比較しない自分軸の大切さなどを説かれています。

 

私は子どもがいない頃からこの本のお世話になってましたが
子どもが成長する前にもう少し家庭での
仕組み作りをしていく必要があるなと思いました。

 

あっ本に書かれていることは
マキさんのブログに書かれていることがまとまっている感じなので
ブログからもたくさんヒントがもらえます。

シンプルライフ研究家マキさんのブログ
エコナセイカツ

 

自分軸の大切さを教えていただいても、ついつい人と比べてしまう時もあります。
そんなときどうすらばいいか?

人と比べて凹んでしまうときは
【昨日の自分】と比べてみると良いですよ。

そして昨日よりちょっとでもできてたら自分を褒めまくる!

そうすると、凹むことなく
不思議と前に進めます。

どんな状況であっても
豊かな生き方ができるかどうかは自分次第だなって思います。

 

妊娠後の手続き入門テキスト作りました

私は元々社会の制度を何も知らない無知過ぎるOLでしたが
社会保険労務士事務所に10年以上勤務し

気がつけば妊娠後にもらえるお金のサポートをして
実際に国からお金を受け取られたママさんは200人を超え、支援した額は2億円を超えていました。


そして私はある妊婦さんとの出会いをきっかけに
妊娠後の制度に関する発信をしていくことを決めたんです。


これからママやパパになる方の笑顔と安心のために・・・私の発信のきっかけと自己紹介


妊娠・出産って未知との遭遇です。
どうやっても不安はぬぐいきれません。

でも知るだけで安心が得られることもあると思っています。
その1つが妊娠後の制度や手続きのことです。


これからママやパパになる方の不安を解消し
少しでも安心して出産していただきたいという気持ちを込めて
妊娠後の手続き入門テキストを作りました。


LINEでお友達になってくださった方限定でお渡ししています。


実際に妊婦さんにどんな資料が欲しいか
アンケートをとってまとめたものですので
ご好評をいただいているものです。


きっとお役に立てる内容になっていると思いますので
よろしければこちらからお受け取りください。

妊娠後の手続き入門テキストを受け取る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です